L

志望動機で受かる

見る人に評価されるような志望動機の書き方を学ぼう

志望動機の構成をどのようにすればよいか

履歴書

文章の構成力をつける

志望動機を書く上で熱意や読みやすさが大事だということはわかっていると思いますが、文章の技術的な点から一番大事なのは構成になります。構成を分けることによって、文章にメリハリが生まれ、気持ちが相手により伝わりやすくなるのです。志望動機をどのような構成で書けばいいのかこの記事でしっかりと学びましょう。非の打ち所がない志望動機が書けるようになります。

READ MORE

新着情報

志望動機の評価のポイントランキング!

no.1

熱意・やる気を伝える文章

第一位は熱意・やる気を伝える文章となりました。その学校へ入学してからその人がどれだけ頑張れるのか、相手に伝わるような文章で書くことが大きなポイントとなるようです。自分が入学後も頑張れるという意志を相手に訴えかけるような文章を書くことができれば、合格に大きく近づきます。

no.2

構成

第二位は構成です。構成がしっかりしている文章かどうかは、見る人の評価に大きく影響します。どのような構成にするのかというルールがあるわけではないですが、だらだらと同じような内容を反復してしまっている文章は非常に評価を下げてしまいます。3部構成、または4部構成にして、内容に緩急がつくようにしましょう。構成がしっかりしていれば、評価が悪くなる可能性はまずないです。

no.3

読みやすさ

第三位は読みやすさという結果でした。志望動機においては文そのものの巧みさというよりは、実直な表現ができているかどうかというのが判断基準になるようです。表現などを凝ってしまうと志望動機では逆に読みづらくなってしまう可能性があります。あまり自分が普段使い慣れていない表現は避けるべきでしょう。

志望動機はどこで評価されるのか

勉強

志望校に気に入られる志望動機

志望する学校にそぐわない内容の志望動機を書いてしまった場合、合格から一気に遠のく可能性があります。特に学力試験がない推薦入試などであれば、志望動機が合格の大きな鍵になります。推薦入試の場合は、みんな完成度の高い志望動機を仕上げてくるので、それ相応の対策が必要です。このサイトで要点をしっかり押さえ、志望校に気に入られる最高の志望動機を書きましょう。

志望動機のどの部分が評価されるか

上記ランキングも参考に、読み手側が志望動機のどの部分を重視して選考を進めるのか考えてみましょう。自分のやる気や熱意、志を適切な文章で伝えなくてはいけません。自分の気持を文章にのせながら、それが相手にどのような印象を与えるのか、常に客観的な目線に立って推敲していくことが大事です。一番初めに書いた文章がよかったとしても、もっと適切な表現はないか、さらに読みやすい文章にすることはできないか、などを時間をじっくりかけて考えていきましょう。最低でも10回ほど書き直したほうがよいです。もとの文章を参考に、書き直す度にさらによいものになるように意識すれば、とても素晴らしい志望動機が完成することでしょう。

広告募集中